HOME » 食事による悪玉コレステロール対策の基礎知識

食事による悪玉コレステロール対策の基礎知識

悪玉コレステロール対策のための基礎知識をまとめています。

悪玉コレステロールを減らすには

脂質の一種であるコレステロールには、もともと善玉も悪玉もありません。結びついたリボタンパクによって比重や大きさが変わり、性質が変わっているだけです。

コレステロールは体内組織をつくる上で重要なものですが、必要な量には限りがあるので増え過ぎると「余った状態」になり、一部が血管壁に沈着してしまいます。

これを悪玉コレステロールと呼んでいます。また、コレステロールは、特定の食品から摂取するよりも、体内で合成される方がずっと多いのです。

ですから、まず心がけるべきなのは、食べ過ぎや飲み過ぎをやめること。

そのことが大前提で、その上で善玉コレステロールを増やしたり、悪玉コレステロールを減らしたりする食品を適量食べることを考えましょう。

食生活改善とともに生活習慣の改善も必要

食べ過ぎや飲み過ぎ、高カロリー高脂質な食生活をあらためる他にもやっておくべき対策があります。

一つは適度な運動で、習慣にすれば悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果が期待できます。
また、タバコストレスも悪玉コレステロールを増やし、動脈硬化や心筋梗塞のリスクを高める大敵です。

心当たりがある場合は、禁煙や気分転換を生活に採り入れることをオススメします。