HOME » 食事による悪玉コレステロール対策の基礎知識 » そもそも悪玉コレステロールとは

そもそも悪玉コレステロールとは

悪玉コレステロールと超悪玉コレステロールについてまとめているページです。

悪玉コレステロールとは何か

コレステロールとは、あらゆる動物の体内にある脂質の一種。
肝臓や小腸などでブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸などから合成されてつくられます。

意外に思われるかもしれませんが、コレステロールは体内で合成される割合の方が多いのです。その量は、食品を食べて体内に摂取する場合の、およそ4倍だと言われます。

そんなコレステロールですが、本来は筋肉や血液、内臓、骨、皮膚、神経などをつくるためになくてはならない重要なものです。

では、なぜそれほど重要なコレステロールの一部を「悪玉」と呼ぶのでしょうか。

じつは、コレステロールそのものには区別はなく、すべて同じものです。脂質であるコレステロールは、主成分が水分である血液には溶け込めないため、水分になじみやすいリボタンパクに覆われた粒子として血液中に存在します。

リボタンパクのうち、比重が低いものをLDL、逆に比重が高いものをHDLと呼んでいます。

悪玉コレステロールと呼ばれているのは、LDLと結びついたコレステロール。善玉コレステロールは、HDLと結びついたコレステロールです。

悪玉と呼ばれるのは病気の原因になるから

HDLとLDLには、コレステロールを体内組織に届ける役目があり、LDL自体は悪いものではありません。

しかし、必要とされるコレステロールの量は限りがあるため、
コレステロールが「余った状態」となる場合があります。

その際、HDLとLDLの動きに違いが出てきます。余ったLDLは血管壁に沈着していき、それがたまっていくと動脈硬化の原因となります。このことが理由で、悪玉コレステロールと呼ばれるのです。

それに対して、HDLは、血管壁を含む全身の余ったコレステロールを回収し、肝臓に戻してくれます。これが善玉コレステロールと呼ばれる理由です。

怖すぎる超悪玉コレステロールについて

LDLの中でもより小さいものがVLDL(小型LDL)で、これを最近では超悪玉コレステロールと呼ばれています。

コレステロール自体は悪いものではないので、正確には超悪玉LDLとでも言った方がいいでしょうか。

VLDLは「血管壁に入り込みやすい」「肝臓に吸収されにくく、血管に長く留まるため酸化しやすい」という性質があり、動脈硬化や心筋梗塞のリスクを大幅に上げる要因と言われています。