DHA・EPA

悪玉コレステロールを下げる成分としておなじみの、DHA・EPAについて調べているページです。

DHA・EPAとは不飽和脂肪酸という脂肪酸の一種

DHAとEPA、ともにオメガ3系脂肪酸という不飽和脂肪酸の一種。

常温で固まりにくい性質があり、これが血中コレステロールを下げる作用につながっています。

DHAもEPAもほぼ同様の性質を持っていますが、DHAの方がコレステロール値を下げる働きが強く、EPAの方が血液凝縮を抑える働きが強い、という違いが最近の研究でわかってきています。

さらにDHAは唯一脳内にとどく栄養素で、脳神経に働きかけ、記憶力向上にも貢献します。DHAのこうした性質が「頭が良くなる」といわれるゆえんです。

血液の質を高めてコレステロール値を下げるDHA・EPA

体内で固まりにくい不飽和脂肪酸であるDHA・EPAが細胞膜に取り込まれると、血管や赤血球は柔らかくしなやかになります。

また、血小板の凝縮を抑え、血流をサラサラに改善します。さらに、DHA・EPAが血中に多く含まれていると、悪玉コレステロールを肝臓に取り込む善玉コレステロールの働きがスムーズになり、血中コレステロール値が下がる効果も生まれます。

結果として、悪玉コレステロールが減り、善玉コレステロールが増えていき、血中成分が正常な状態になっていくわけです。なお、DHA・EPAには中性脂肪を下げる働きもあります。

魚介類、特に青魚に多く含まれるDHA・EPA

DHA・EPAは、魚介類、特にイワシ、サバ、アジ、サンマといった青魚に多く含まれています。

良質なタンパク質でもあるのでオススメですが、くれぐれも食べ過ぎはカロリーの摂り過ぎになってしまうので注意。

また、オメガ3系不飽和脂肪酸は酸化しやすいため、魚は新鮮なものを購入することをお忘れなく。

調理法は、最もDHA・EPAの損失が少ない刺身がベスト。熱を加える場合は、焼き過ぎ、煮過ぎはDHA・EPAが壊れてしまうので、サッと火を通すように心がけましょう。