レシチン

悪玉コレステロールを下げる食品成分として、レシチンにスポットを当てています。

レシチンはリン脂質と呼ばれる脂質の一種

レシチンは、ホスファチジルコリンという別名もあり、リン脂質と呼ばれる脂質の一種です。リン脂質は他の脂質とは違い、エネルギー源となるだけでなく、さまざまな生理機能を担います。

特にレシチンは学習や記憶、睡眠などにも関わっているといわれています。

また、レシチンは細胞膜の主要な構成成分であり、脳や神経組織などに多く含まれています。

レシチン効果で血中の悪玉コレステロールを回収

レシチンは脂肪の仲間ではあるのですが、乳化作用があり、水と油の仲立ちができます。

そのため、血管壁にこびりついたコレステロールを溶かすことができます。

また、血液中のコレステロールはタンパク質と結びつきリボタンパクとして流れていますが、このコレステロールとタンパク質をつないでいるのがレシチンです。

このレシチンの中に含まれている不飽和脂肪酸の働きにより、善玉のリボタンパクであるHDLは、血中の不要なコレステロールを肝臓に送る仕事がやりやすくなります。

さらに、レシチンに含まれる不飽和脂肪酸は、肝細胞が悪玉コレステロールを胆汁酸として胆汁中に排出する働きを高めてくれます。

このように、レシチンはコレステロール値を下げるための複数の役割を果たしています。

レシチンは卵黄や大豆などに多く含まれている

レシチンは、卵黄レシチンと大豆レシチンの2つに大きく分かれます。卵黄レシチンは神経系に関与する成分が多く含まれており、脳機能改善の効果があるといわれています。

大豆レシチンは血液中に長くとどまることができるため、動脈硬化や心臓梗塞、脳梗塞、脂質異常症などの予防効果が期待できます。

レシチンは卵黄、大豆の他にも、穀類、ごま油、コーン油、レバー、ウナギなどに多く含まれています。