サポニン

サポニンの悪玉コレステロールへのはたらきを調べました。

サポニンは、苦味やエグ味のもととなる配糖体の一種

サポニンは、いろいろな植物、あるいはナマコやヒトデのような一部の棘皮動物に含まれている配糖体の一種。

苦味やエグ味のもとになる成分です。配糖体とは、糖とさまざまな成分が結合した有機化合物のことです。

サポニンがユニークなところは、水に溶けると泡だつところ。
さらに殺菌・抗菌作用があることから、天然の石鹸として用いられてきました。ちなみに、サポニンの「サポ」はラテン語で石鹸を意味します。

脂肪の蓄積を抑える効果と血栓をできにくくする効果

サポニンはいろいろな植物に含まれており、また含まれている食品の名称が付けられているため、数多くの種類に分かれます。

最も有名なのが大豆サポニンと高麗人参や田七人参に含まれる人参サポニンで、これらにはさまざまな健康によい効果が期待されています。

まず、大豆サポニンには腸から吸収したブドウ糖が脂肪と結びつかないようにする働きがあります。

これにより、脂肪の蓄積を抑制し、悪玉コレステロール値を下げる効果が期待できます。次に、人参サポニンには、血小板の凝集を抑えて血流を滑らかにし、血栓をできにくくする働きがあります。

また、サポニンには、悪玉コレステロールなどの脂質が酸化した過酸化脂質の生成を抑え、肝機能を高める効果もあります。

大豆や高麗・田七人参に含まれているサポニンが代表的

サポニンは、代表的な大豆や高麗・田七人参の他、黒豆、ヘチマ、生薬である桔梗(キキョウ)や柴胡(サイコ)などにも多く含まれています。

大豆サポニンや人参サポニンであれば、摂取する量が過剰でない限りは問題はありません。

しかし、生薬である桔梗や柴胡の場合は、過剰摂取すると溶血作用や吐き気を催すことがありますので、用法・用量をくれぐれも守ってください。